本日4月13日(月)正午、5月から6月にかけて予定されていたラブライブ!シリーズの楽曲やBDの発売延期が発表されました。


4月4日(土)に発表されたAqours 5th Anniversary 地元愛!Take me Higher Projectは、コロナ禍で先の見えない状況の中、未来にささやかな希望を見出せるような明るい話題でしたが、直後の緊急事態宣言以降、日に日に感染の拡大が数値で示されてきたことから、変更を余儀なくされてしまったのだと思います。とても残念です。


理由は、臨時休業対応を行う店舗や外出自粛中のファンを慮ってとのことです。4月29日(水)はまだ緊急事態宣言の期間中ですから、社会への影響を考えるとやむを得ない決断だったのだろうと思いますが、この二人のユニットが一世を風靡した時期から待望していたファンの心境を思うと非常に悔しいことでしょう。

ラブライブ!シリーズ関連の発売延期も、同様に緊急事態宣言を受けての延期ということですが、これに関しては発売の準備段階で大きな影響を受けるためだと考える方が自然だと思います。

実際、本日ラブライブ!シリーズ公式Twitterに投稿された文章の中には、「アーティスト、ミュージシャン、スタップの健康と安全、流通への影響を考慮して判断いたしました」と書かれています。

もともと、Aqours 5周年プロジェクトの内容は、3月1日(日)に予定されていた「Aqours Back In First LoveLive!〜Step! ZERO to ONE〜 Day.2 & Aqours5周年発表会」で発表される予定でした。

このイベントが中止になってから、実際に発表された4月4日(土)までの約1ヶ月間の間で、おそらく諸々の状況を鑑みて発表を伏せた情報や、日程や内容に変更を調整したものがあったのではないかと私は想像しています。


この時点では、『ラブライブ!サンシャイン!! Aqours 6th LoveLive! DOME TOUR 2020』テーマソングCD「Fantastic Departure!」は予定通り5月20日(水)に発売したかったのでしょう。プロジェクトの先陣を切る重要な役割がありますし、これまでの傾向から、ドームツアーのチケット最速先行抽選シリアルコードが封入されるはずだったのではないかということも予想できます。

しかし、このような状況下ではドームツアーの会場も日程もはっきり告知することが出来ませんし、もし私の予想が当たっているのなら、シリアルコードは封入できません。予定が狂ってしまったのなら急ぎの再調整も必要ですが、感染リスクを高めるような働きもできませんから、延期にせざるを得ないのでしょう。

6月17日(水)発売予定だった「虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 First Live "With You" Blu-ray Memorial BOX」(と各日の単発ソフト)に関しても、ライブ自体は終わっていますが、ソフト化にあたってなんらかの影響が出ているのかもしれません。

6月30日(火)発売予定だった「ラブライブ!サンシャイン!! Aqours CLUB CD SET BLACK EDITION」(とノーマル版)も同様なのでしょう。元の発売予定日が二ヶ月以上先であることを考えると、音楽を作る段階に影響が出ているのかもしれませんね。

昨日4月12日(日)に、虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会の新情報も発表されましたが、もしかしたら今後これらも延期や、形を変えての実施になることを私たちも見越して方がいいのかもしれません。ODAIBAゲーマーズの看板娘になったせつなちゃんの新イラストのグッズ発売は通販主流にせざるを得ないかもしれませんし、SEGAイメージガールに決まった璃奈ちゃんの展開はゲームセンターが安心してお店を開けられる状況にならないと始められないかもしれません。


また、もしAqoursの活動スケジュールが全体的にずれ込み、ドームツアーが来年の半ばに差し掛かってくることになると、延期になった五輪との兼ね合いも出てくるでしょうから、たとえウイルスの流行が終息したとしても現場泣かせの状況になりかねません。そうなると、それはそれでプロジェクトに関わるみなさんの心身の健康に影響が出てくるでしょうから、なんとか無理のない範囲で物事を進めてほしいと願うばかりです。

『デュオトリオコレクションCD VOL.2 WINTER VACATION』の発売が春になる程度なら、まだ可愛い方として受け入れたいと思っています。