6月9日(火)の『虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会生放送 特別授業「ニジガク史」同級生わくわくクラスルーム~3時間目~』内で、「無敵級*ビリーバー」「未来ハーモニー」のアニメーションPVの視聴動画が公開されましたね。

私はプロモーションビデオという言い方があまり好きではありません。よくプロモーションビデオと言われるものは、実際のところ音楽とその世界観を表した映像であって、単なる販促目的の映像ではないじゃないですか。とくにラブライブ!シリーズは音楽と映像の表現に重きが置かれているので、それを「プロモーション」という言葉で片付けてしまうのは非常にもったいないと思うのです。

もう10年以上前になりますが、当時、大学の授業でこういったものを扱うときは「ミュージックビデオ」と呼んでいました。なので、私は普段は尊敬の念を込めて「ミュージックビデオ(MV)」と呼んでいます。(ちなみに、私は別に音楽や映像を専門的に勉強したわけではありません)

今回公開されたMVは虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会のTVアニメの絵柄を先取りしていて、新しい世界観が示された形になっていると思います。見た直後、私はTwitterに「女子ウケ良さそうな絵柄なので女の子ファンが増えるかも」と書きました。


TVアニメの先取りという目新しさもありますが、実際に動いているところを見ると、なにより若い女の子たちが憧れるようなオシャレさに新鮮味を感じます。

以前からるイラストと比べると、絵柄のせいか目が若干大きく、前髪が若干短く見え、動きのある表現がとても可愛らしいです。 また、それぞれのキャラクターの脚を見ると、肉感というよりは直線的な印象を感じる、スッとしたシンプルな線だなと思います。


絵柄の特徴を踏まえて「未来ハーモニー」の全員お揃いの衣装を見ると、だいぶ乃木坂46っぽい清楚なお嬢さん系ですよね。色使いはラブライブ!らしいというか、アニメらしいものではあるのですが、柔らかい素材のプリーツとパリッとした素材の組み合わせのスカートは数年前からよく見かける形ですし、シンプルに3色でまとめたスタンダードなAラインワンピースというのは、これまでのいかにもステージ衣装らしい(柄や装飾、露出の多い)ものとは違った現実との地続きを感じます。

「無敵級*ビリーバー」の中須かすみちゃんの衣装も、体のシルエットが表面に表れないデザインですよね。ここ数年、洋服のデザインの流行は男女問わずビッグシルエットの傾向が強いので、その辺も今時っぽいなと感じます。大きな襟とたくさんのプリーツ(というかギャザー?)が入ったデザインがすごく可愛いです。

このシンプルさと地続き感は、世代や属性を超えて広がっていくためには重要な要素だと思います。もちろん、ミニスカートも、キラキラフリフリも、非日常のきらびやかな世界観としてはアリなのですが、それが日常の中に忽然と現れた時の違和感、雑音感は下品と受け止められる場合も多分にあります。とくにアニメの絵柄だと、見慣れていない人から見れば十把一絡げに「男性オタク向け」と色眼鏡で見られてしまう可能性は高いのです。だからこそ、これからTVアニメやライブ、CDの広告が街中に出回り始めた時に、「可愛らしいお嬢さんたち」と好意的に受け止めてもらうために、そのあたりをよく考えてデザインされている、ということなんじゃないかなと思います。

「無敵級*ビリーバー」の音楽は王道の楽しいノリを追求していて、総選挙を経たシングルらしく作り手の本気が感じられます。ムービングライトでめまぐるしく色の変わる華やかなステージが今から想像できてすごく楽しみです。タイトルに「無敵級」とついていたのでどんな壮大な内容なのかと思っていましたが、試聴版で公開されている部分を聴く限りは「等身大」、アイドルアニソンらしいお茶目なところもあって聴き返すたびによくできてるなぁと感心してしまいます。

それにしても、聴けば聴くほど、かすみん役の相良茉優さんの仕事に驚きます。わかりやすいキャラクターを割り当てられているということもあるのだと思いますが、これまで歌を通じてしっかりとキャラクターを掘り下げてきたのでしょうね。今はアイドルとしてステージに上がる仕事も多いようですが、これからも芝居を磨いていろいろな役の演技を見せて欲しいなと思っている声優さんの一人です。

(読みにくい箇所があったので、記事公開日の夜に推敲しました)


ラブライブ!ランキング



【早期予約特典+先着特典】無敵級*ビリーバー (CD+Blu-ray) (無敵級*ステッカー+ニジガク!クリアタグ) [ 中須かすみ(CV.相良茉優) ]
【早期予約特典+先着特典】無敵級*ビリーバー (CD+Blu-ray) (無敵級*ステッカー+ニジガク!クリアタグ) [ 中須かすみ(CV.相良茉優) ]