明日6月18日(木)19:30より、高槻かなこさん率いるヴォーカル&パフォーマンスユニットBlooDyeのライブ映像配信が行われます。今年2月1日(土)に舞浜アンフィシアターにて開催された「BlooDye×TOKYO MX アニメコラボレーションLIVE」の映像を見ながら、メンバーがトークをするというライブ配信企画です。

このライブが開催された時、私はステージから2列目の席で応援していました。だからはっきりと言えますが、情熱的でありながらどこかクールでもあり、なにより強く逞しいライブでした。大迫力の生演奏の中、KICK THE CAN CREWのLITTELさんをゲストに迎えて行われたパフォーマンスは本当にカッコイイものでした。

Aqoursでは絶対に見られないきんちゃんのハンサムでパワフルな姿を見られるので、国木田花丸(CV. 高槻かなこ)しか知らない人にはぜひとも知ってほしいと思っています。




BlooDyeについては、今年1月14日(火)にZepp DiverCityにて行われた「BlooDye 1st TOUR『BlooDyeLine』〜Zeppの何処かで染まり初め。〜」の最終公演に参加したあと、旧ブログできんちゃんを褒める記事を書いたことがありました。



けれど、あの時は興奮していてBlooDyeの何が良かったのかを詳しく書いていなかったので、もう少し詳しく紹介したいと思います。

BlooDyeは、主にダンスパフォーマンスを行うパフォーマー4人と、主に歌を歌うヴォーカル2人の計6人ユニットです。きんちゃんはハッキリとしていて伸びやかな歌声が特徴的ですが、もう一人のヴォーカルである磯部花凛さんは感情豊かな歌唱が魅力的で、この二人の組み合わせによってBlooDyeの曲は聴き応えのあるものになっています。

パフォーマーの赤木彩香さん、伊藤千咲美さん、古髙彩乃さん、山本彩恵子さんは、ヴォーカルの2人が歌を歌う中で迫力のあるダンスパフォーマンスを行うことが多いですが、各々個性的であり、同じ振り付けを踊っていたとしてもそれぞれに違ったダンス表現が見られるのが面白いです。BlooDyeが単なるアニソンユニットではなく、「ライブパフォーマンス」であることを決定づけているのが彼女たちパフォーマーだと思います。(踊るだけでなく、歌ったり楽器を演奏したりすることもあります)

1stシングルの「この地球の何処かで」は縦ノリ曲、映画の主題歌にもなっている「ever dream」はバラード調ながら力強い印象のある楽曲で、全体的にパワフル&クールな印象の楽曲が多くなっています。が、予想外のキュート系もあったりしていて、エンターテインメント性は抜群。カラオケ全盛期のJ-POP全般が好きな人とはかなり相性が良さそうです。

公式YouTubeチャンネルにライブ映像がいくつかアップされていてパフォーマンスの一端を見ることができますが、音声も映像もちょっとイマイチかなと思うところがあって残念です。この中から選ぶとすると、「LOVE or DIE」という曲のライブ映像なら、ユニットの編成は変則的ながら凄みを感じることができるのでオススメです。



今回の配信は有料なので、いきなりそう気安く見ることができない人もいるかもしれませんが、来月以降も配信を行う予定があります。6月24日(水)には「1st Anniversary Live BlooDyeLine at OPENREC.tv」と題する生配信が行われ、久しぶりのパフォーマンスも披露するようですので、そちらに注目するのもいいかもしれません。

BlooDyeの情報を集めようと思うと公式Twitterからあっちこっちに飛ばないといけないので少し手間取りますが、一連の配信企画の情報はPR TIMESで配信されたプレスリリースにまとまっている情報が一番見やすいと思います。



さて、ここまでBlooDyeの良いところを紹介してきましたが、じつは冒頭に書いた「BlooDye×TOKYO MX アニメコラボレーションLIVE」の時は、舞浜アンフィシアターの客席は空いていました。同じ人が出ているにも関わらず、BlooDyeはAqours人気に隠れてしまっているような状態なのです。

しかし裏を返せば、今が追いかけるチャンスでもあります。BlooDyeはまだ結成1年、活動の規模もまだあまり大きくありません。なので、この配信をきっかけに興味を持つ人が増えて、次にライブを開催できるようになった時には客席に人がいっぱいの状態になったらいいなと思っています。やっぱりね、ステージのパフォーマンスは、満員の客席の生の反応を受け取ることで洗練さていくものですから。

【中古】アニメ系CD BlooDye / この地球の何処かで[BlooDye盤 TYPE-B]

価格:640円
(2020/6/18 01:03時点)


この地球の何処かで
株式会社フォーミュラレコーディングス
2019-12-04

ever dream/LOVE or DIE
株式会社フォーミュラレコーディングス
2020-04-28





声優ランキング


にほんブログ村 アニメブログ 女性声優へ
にほんブログ村