明日6月24日(水)20:00より、高槻かなこさん率いるヴォーカル&パフォーマンスユニットBlooDyeの生配信が行われます。「1st Anniversary Live BlooDyeLine at OPENREC.tv」と題するこのイベントは、久しぶりにBlooDyeのライブパフォーマンスが見られるチャンスです。現地で直接見られるイベントではありませんが、eスポーツ配信の国内最大級設備であるOPENREC STUDIOから高画質で生配信されるそうなので、期待大です。




じつは先週のBlooDeyの映像配信(6月18日(木)19:30)に合わせて前夜に公開した記事が、ラブライブ!関連の話題ではないにも関わらず結構見られているようでした。こんな壁打ちブログがなぜ?と思いますが、やはり出回っている情報が少ないのでこのブログに辿り着く人が出てくるのでしょうか。情報が少ないことがBlooDeyがイマイチ世間に広まっていない原因ではないかと仮説を立て、応援の気持ちで今週も話題として取り上げたいと思います。先週書いた記事はこちら。

 

先週の配信は、今年2月1日(土)に舞浜アンフィシアターにて開催された「BlooDye×TOKYO MX アニメコラボレーションLIVE」の映像を見ながら、メンバーがトークをするというコメンタリー企画でした。ただライブの感想を話すだけのものではなく、視聴者からのコメントを拾ってくれる場面も多く、リアルタイムでやり取りしている感じが面白かったです。

先週もブログに書いた通り、私はこのライブに現地参加しており、前から2列目の席に座っていてみんなのパフォーマンスを眼前で見ていました。なので当時はすごく熱狂したし、ステージの緊張感や生の迫力を存分に楽しんでいたのです。ライブはいつだってその時、その場所がボルテージMAXであることは違いないのですが、今回配信された映像を画面越しで見ることで各々の表情をじっくり見ることができて、改めて当時の会場の空気感を思い出したり、パフォーマンス中のみんなの想いを想像することができました。

コメンタリーでみんながわちゃわちゃしているところを見るのも楽しいのですが、それよりも、少し引いた目線でライブ映像を見ながら、「ここが難しい」とか「この時はこんな気持ち」という話を聞くのが興味深かったし、面白いかったです。

サプライズとして、この日、きんちゃんの髪の毛が極限までブリーチして作られたシルバーアッシュになっており、ますますハンサムぶりに磨きがかかっていました。花凛ちゃんと並ぶとまるでイケメン美女のような取り合わせになるのですが、ライブ映像を見ていると、歌を歌っている時のきんちゃんは等身大の女性、花凛ちゃんは大物感のある強い女に見えるんですよね。それもBlooDyeの面白いところです。


先週末6月20日(土)にはパフォーマー4人のバースデーイベントがあったり、21日(日)には花凛ちゃんの生放送番組にきんちゃんがゲスト出演したりと、BlooDyeに関連する動きが色々あったにもかかわらず、私は私用でどの波にも乗れませんでした。なので、明日の配信がすごく楽しみです。

配信は有料なので、初見の方にとっては少しハードルが高いかもしれません。しかも、音楽は一部しかCD化していなかったり、グッズが入手しづらかったり、オンラインくじ引きが手を出しにくい価格で売られていたりと、なかなかとっつきにくいところもあります。私もこういった運営方法には多少思うところがあり、もっとメジャー志向でいいんじゃないかなと思ってしまいます。

でも、パフォーマンスのクオリティは確かなので、今回のような生でパフォーマンスを行う放送にはお金を払うだけの価値はあると信じています。配信購入のページはこちらですが、「サブスク」と書いてありますが、システム上そうなっているだけで追加料金などはありません。(前回配信時に購入して確認済みです)



声優ランキング

にほんブログ村 アニメブログ 女性声優へ
にほんブログ村

【中古】アニメ系CD BlooDye / この地球の何処かで[BlooDye盤 TYPE-B]

価格:640円
(2020/6/23 23:42時点)


この地球の何処かで

新品価格
¥1,500から
(2020/6/23 23:44時点)

ever dream/LOVE or DIE

新品価格
¥500から
(2020/6/23 23:45時点)