2020年9月2日(水)に発売予定の虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会の3rdアルバムの楽曲を毎週紹介する新企画「ニジガクみゅ〜じくウィーク!」に合わせて、毎週更新する追っかけブログ企画です。6月25日(木)、近江彼方ちゃんの『Märchen Star』が公開されました。

※私はスクスタのプレイが下手で、やりこむ時間もないためキズナエピソードを読んでいません。3rdアルバムの収録曲はキズナエピソードの挿入歌とのことですが、この追っかけブログではスクスタとは無関係に、視聴動画から歌や音楽に込められた思いを想像して勝手に書いていきます。キズナエピソードとの関連を深く追求したい方の参考にはならないと思いますので、ご了承ください。

(これまでの記事) 
1週目 かすみちゃん2週目 歩夢ちゃん3週目 しずくちゃん4週目 エマちゃん
 


「ニジガクみゅ〜じっくウィーク!」でこれまでに公開されてきた4つの楽曲を聴いてきた印象として共通しているのは、「各メンバーがそれなりに新しい境地に行こうとする姿勢が音楽や歌に現れている」というものでした。1週目のかすみちゃんは友情や信頼に対する覚悟を歌っているようでしたし、2週目の歩夢ちゃんは目標を定めて加速をつけた感がありました。3週目のしずくちゃんは(恋愛と)人生という大きなテーマに取り組んでいるし、4週目のエマちゃんはこれまでの「癒し系」の記号からあえて外れてかなりイメージを変えてきました。

では、彼方ちゃんはどうかというと、第一印象からはあまり大きな変革は感じられなかったんですよね。一方で楽曲の質といえばいいのか、完成度みたいなものでいうと、これはベストを出してきたなという感がひしひしと感じられるのです。

個人的に一番味わい深いと思うポイントはイントロ部分、少し不穏な響きから始まり、印象が一転しておとぎ話風の曲調に変わった時に入る「wow wow wow wow wow〜」というコーラスのところです。キャラクター声で歌っているのもありますが、ふわふわしているのにどこか確固たる世界観を持っているふうに聴こえる、ズバリ彼方ちゃんという感じがしますよね。開幕から聴く人を取り込んでいく魅力的なアレンジだと思うのです。

しずくちゃんの「やがてひとつの物語」もイントロにコーラスが入っていますけど、こちらはちょっと隙があるような響きを感じます。隙は隙で、聴く人が入り込む余地でもあって重要な仕掛けだと私は思っているのですが、キャラクターソングとしてかなりガッチリと世界観を出してきて譲らないところは彼方ちゃんらしいなと感じます。

思えば、彼方ちゃんははじめからある程度完成したキャラクターであったようにも思います。私はスクスタには追いついていないので、スクスタ世界の彼方ちゃんがどうしているのかは分かりませんが、他媒体での展開を見るに、もともと独特の生き方を選んでいて、あまり自分のことで迷ったり悩んだりしないように見えるのです。それは、もしかしたら「眠ってばかり」で「妹の遥ちゃんが大好き」という濃いめの設定のせいかもしれませんし、スクフェス転入生時代から続くキャラクターの歴史のせいかもしれませんし、声優の鬼頭明里さんの技量によるものなのかもしれません。

何回か聴いてみて、一応、スクールアイドルとしての姿勢みたいなものが歌われていることに気づいたのですが、これが彼方ちゃんにとっての大きな変化かと言われるとよく分かりません。楽曲の雰囲気や世界観がブレずに確かなものになっていっていることを踏まえると、ほかの子たちと同じように何か新しいところに踏み出したというよりは、「スクールアイドル・近江彼方」がより深まったという方が私の中ではしっくりくるのです。

まあ、時々実在するブレない人というのは、誰よりも己のあり方を己に問い続けた結果、胆力が備わっている人なのだと思うのです。だから、TVアニメが始まって新しい物語が与えられれば、私も自分のことで悩んだり迷ったりする彼方ちゃんを見ることができるようになるのかもしれません。それはそれでまた、楽しみにしておこうと思います。

ラブライブ!ランキング
にほんブログ村 アニメブログ ラブライブ!へ
にほんブログ村



【Amazon.co.jp限定】虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 3rdアルバム(メガジャケット付)

新品価格
¥3,300から
(2020/6/26 20:27時点)

【楽天ブックス限定先着特典】虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 3rdアルバム (L判ブロマイド) [ 虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 ]

価格:3,300円
(2020/6/26 20:28時点)