FullSizeRender
今年はラブライブ!シリーズ内で3つもプロジェクトが同時に走っていたから、ライブが続いた下半期は情報キャッチがすごく大変だったよねという話。

  1. 情報が多すぎる!!
  2. もうTwitterには頼れない
  3. 情報収集は原点に戻る
  4. 私の心は情報収集に向かっているか?

情報が多すぎる!!
2021年も下半期に入ると、ラブライブ!シリーズのライブがグーンと増えました。これまでの中止延期を取り戻さんばかりの勢いです。

ライブを無事に開催できるようになったこと自体は喜ばしい。けれど、さすがに数が多すぎて、もはや公式Twitterでの情報発信をちまちま拾うだけではとても追いつきません。

ライブが予定通り開催できる程度に世間が動くようになれば、当然仕事も忙しくなります。忙しさにかまけて少し目を離すと、もはやいつ何が行われるのか、ちょっとやそっとではキャッチアップが難しくなっていました。

もうTwitterには頼れない
これまでは公式Twitterを中心に情報を得ていたのですが、今やTwitterでは情報を収集しづらくなってきています。

ライブ関連の公式ツイートってとにかく多いです。ライブ開催の発表直後から、
  • 先行抽選応募券入りCDの発売情報
  • ライブグッズの事前通販情報
  • チケット情報(先行、一般、配信など数種)
  • 開幕直前の盛り上げツイート
  • ライブ内で発表された新情報
  • アーカイブ配信のお知らせ
  • 事後物販の情報
ざっと上げてもこんな感じの情報が何回も繰り返しツイートされています。

今年は下半期にライブが多かったので、あるライブの当日が、別のライブの直前期であることが非常に多かったですが、新旧の情報が入り乱れて、もはや眺めているだけでは整理不能に。先日、ついに一番大事なのはチケット一般申し込み期間の情報を見落としてしまって、あとで大変悔しい思いをしました。

情報収集は原点に戻る
そんなこともあって、今月から、最も逃したくないAqoursの情報に関しては定期的に公式サイトの「ニュース」欄と、ライブ特設サイトを見に行って情報を確認するようにしています。

懐かしい。2000年代半ばくらいまでは誰もがそうやって情報を得ていました。とりあえず欲しい情報は確実に得られるし、いつ更新されるかな?という素朴なワクワク感もあって悪くはありません。

ただ、この方法だとAqoursを中心に見ることになるので、虹ヶ咲やLiella!の情報も得ようとするなら、同じようにわざわざ見に行かない限り漏れなく拾うことはできないというデメリットもあります。全部を同じように見て回るのは、2000年代からデバイスもライフスタイルも変わってしまった今では、正直に言うとかなり億劫です。

私の心は情報収集に向かっているか?
オタク人生を振り返ると、情報を収集を熱心にできる時というのは、知りたい気持ちが手間への億劫さを上回っている時でした。

ラブライブ!シリーズを一定期間応援してきてしまったことで、聞かされなくてもなんとなく分かることが増えてきてしまっていて、そのために情報収集に熱心になれていないのだろうなと、現状を鑑みて思います。

初心に戻れば、Twitterに頼らずとも公式情報くらい拾いに行けるはず…ですが。

私は結構、ファンとしては枯れた部類になってきているので、好きになり始めた時のような猛烈な好奇心で情報収集するのは難しいかもしれません。

ただ、枯れてきたということは、周りのペースに振り回されずに自分なりに楽しむことができるということでもあるので、今のような公式サイトを定期的に見にいく方法が肌に合って、細々と続けていけるならそれはそれで充実しているとも言えるだろうも思います。

それにしても、まさか2020年代になって、こんなレトロな方法で情報収集するようになるとは。コロナ禍で仕事上の対応や手続きのために行政のサイトの更新を待つことはこの2年ほど頻繁にありましたが、プライベートの趣味で公式情報を得るための公式サイト巡りに戻ってきてしまうというのは、うーん私が古い人間だからなんでしょうか。

ラブライブ!ランキング
にほんブログ村 アニメブログ ラブライブ!へ
にほんブログ村